www.okonn.com
ご来店の際はご予約を
why?

03-3469-5004
2次元バーコード
携帯サイトURL
main

土鍋ご飯|代々木上原の住宅街に佇む和食居酒屋ダイニング「おこん」

H24 新米入荷情報 

H25年1月25日入荷
◆長崎県 にこまる
佐賀県のにこまるは面接済みでしたが、長崎のは初めて
今回貴重品をカメタ商店さんに分けていただきました。
長崎にこまる 4年連続特A獲得
http://www.kameta.biz/toletatejohonikomaru.html
生産量よりも消費量の方が多い長崎産米が県外で販売されることが
まずありません
。門外不出のお米が入荷です。

ちょっとびっくり、マイナーなお米を探すのが大好きな私も このお米は どんなに手をつくしても手に入れることができずに あきらめておりました。そんなお米が わずかですがひょこっと入荷しました。もちっとして甘味の強いお米です。いちど召し上がってごらんになられては いかがでしょうか?

「にこまる」はおいしさに定評のある九州のブランド米「ヒノヒカリ」に代わりうる品種として、おいしさ、品質、収量の3拍子揃った米を目標に開発された品種です。

母親は近畿・中国地域で急速に普及が進みつつあるおいしい早生(わせ)のお米「きぬむすめ」、父親には倒れにくく品質の良い「北陸174号」(熊本県で普及している「いただき」の兄弟)の交配組み合わせから育成されました。両親ともに「コシヒカリ」の血を引くおいしい系統で、「にこまる」はその両親の良いところを受け継いだ品種です。ただどこの生産県も生産量が少なく、まして県外には ほとんど出ないお米です。

「にこまる」の名は、おいしくて笑顔がこぼれる品種であること。品種特性である粒張りの良さ「まるまる」と表現して命名されました。
食味は,非常に良好でヒノヒカリと同等か、やや上回ります。粒揃いがよく、ふっくら炊きあがり色白でつやつや。粘りがあり、もちもち食感と甘みが身上です。


岐阜県ハツシモ

ハツシモは岐阜県を流れる、長良川・揖斐川・木曽川の豊富な水源と、濃飛平野の一部である美濃平野の肥沃な土壌で育まれる、岐阜を代表するお米です。

<栽培特性>

晩生種で、現在全国で栽培されているお米のなかでも特に収穫時期が遅い品種です。「ハツシモ」という名前も、初霜の降るころに稔ることから付けられたものです。田植え適期は6月上旬ごろ、刈取り適期は10月下旬ごろです。また、いもち病に弱く、長稈で倒伏しやすい性質があります。栽培する土壌・風土の好みが激しく、比較的粘土質で地力のある海抜の低い地帯が好まれています。そのため岐阜県では西南部を中心に栽培されています。

<お米の特性>

長形大粒で中飴色を呈し、光沢があります。

収穫後の夏場を迎えても食味の低下が少なく、また、ご飯は冷めてもおいしく食べられることから お寿司にぴったりとされています。

幻の米 ハツシモ

ハツシモは、岐阜県の代表品種で、岐阜県でしか栽培されていない珍しいお米です。ハツシモは、収穫量が少なく幻の米ともいわれています。ハツシモの米粒は、お米の中でも1,2を争うほど大きくてあまり粘らないので中京、関西では古くから寿司米として珍重されています。関東ではほとんどお目にかかれませんが、中京、関西では、コシヒカリと並ぶほどの評価を得ています。



◆秋田県ゆめおばこ

秋田の新しいブランド米です!!あきたこまちとひとめぼれをかけあわせたこの米は、食べ応えのある大きな粒と ふっくらとした食感、さらに食味はあきたこまちと同等のし食味、食感で、冷えてもおいしさが変わることはありません






12月2日入荷
◆宮城県 天授の米 かぐや姫
震災後は一件の農家さんが作る

平成5年 東北地方は大冷害にみまわれ、ほとんどのお米は実らず壊滅状態
そんな中で宮城県東松島市でササニシキ水田で一際背が高く 完全に実った三本の🌾穂が見つかりました。
ササニシキが突然変異して誕生したのが新たなる希望 かぐや姫 🌾
平成11年3月に宮城県で品種登録されました。
普通の稲の穂がでてから40から50日で成熟しますが、かぐや姫は違います。
60日から70日かけてじっくり熟成する超晩生品種なのですよ。

一粒入魂 まさに天から授かった希望の🌾お米です。
http://www.kameta.biz/toletatejohokaguyahime.html

幻のかぐやちゃん
昨年度食べた時より今年は味が良い
甘みと旨味が乗ってる。
食感も優しいが、しっかり炊き上がり
もっちりした感があとを引きます。


◆京都 丹後米 ミルキークィーン

丹後米 ミルキィクイーン
ミルキィクイーンは全国で作付けされてますが、丹後のミルキィの評判は今や全国に知れ渡っています。西日本のミルキィクイーンナンバーワン産地 丹後米ミルキィクイーン


丹後半島中央部の原生林から流れ出す水は、雄大な自然のフィルターにろ過され、天橋立に湧き出る「磯清水」に代表される名水をうみました。そんな美しく豊かな水で丹後米は育ちました。丹後のお米は粘りが強く甘味、香りも強い、だけれどいやみがなくふわりと口の中でとろけて消えていくような奥ゆかしい さすが古都京都の雅なお米 という感じです、どうぞお召し上がりくださいませ!

限定入荷ほとんど関西圏のみ流通のお宝米です。

http://www.kameta.biz/toletatejohotangomaimilkyqueen.html



◆熊本県 火の国 森のくまさん

熊本県の農業研究センターで開発された、父親がコシヒカリ、母親がヒノヒカリ という、粘りがあって香りも良い期待の新品種です。 ネーミングについては、 都・ 本で生 したお米という意味も込められており、全国の一般公募により選ばれました。

球磨地区のご紹介
熊本県のなかでも県南地域に位置する人吉球磨。
 夏は爽涼感を与え、冬にはその頂に純白な雪化粧をする山脈が連なり、またその中心部に広がる盆地には日本三大急流の一つである球磨川が貫流しています。
球磨地域の東側に位置する霊峰市房山の麓には、球磨川の源流が息づいており、そこから大地を潤す水が球磨盆地へと流れ“おいしい米”の源となっています。
 その水と大きい寒暖の差により生まれた米は最高の風味と食味、適度な粘りや光沢を兼ね備えており、全国食味ランキングでは2年連続の「特A米」の評価を得ました。





11月19日入荷
◆佐賀県 佐賀の箱入り娘 佐賀びより
http://www.kameta.biz/toletatejohosagabiyori.html

2010年 日本穀物検定協会において 
特A(魚沼こしひかり等と並ぶ最高ランク)に評価されました。

佐賀より 新しいお米がデビューしました。さがびより と名前がつきました。
もっちりと 甘み 香りの強いお米です。昨年から佐賀37号 という名前で、試験栽培のころから注目していました。そして21年 元気いっぱいに育ってお披露目されました。さがの 雄大な空、海、風、温かさをイメージした さがびより という名前、とても素敵ですね。

白石町は、佐賀県の南西部、佐賀市中心部から25km圏内に位置し、北は六角川を境に大町町、江北町、小城市に、西は武雄市及び嬉野市に、南は塩田川を境に鹿島市に接し、東南部は有明海に面しています。
 町西方の杵島山系から東方へ広がる広大な白石平野は、古く弥生時代から自然陸化し、中世より現代まで幾多の干拓事業で造成された土地です。特色としては粘質土壌で、米・麦、野菜、施設園芸等の農業好適地帯となっています。
 また、六角川や塩田川をはじめとする川は、地域にうるおいを与えながら、宝の海とも言われる有明海に注いでいます。
 このように新町全体をみると、山と平野、川と海といった美しく個性豊かな自然が一体として揃っています。



◆青森県 青森県県立五所川原農林高校 純情つがるロマン
http://www.kameta.biz/toletatejohogosyogawaranoko.html

青森県立五所川原農林高校生が実習で一生懸命こしらえたお米です。夏休みを返上して、放課後居残って 大事にみんなでそだてました。

高校生が一生懸命汗を流して作った青森のお米のエース、つがるロマン。津軽中央地帯を中心に、津軽西北、さらに南部平野内陸地帯での気象・土壌条件の良好な適地で作付けしています。つがるロマンは適度な粘りとさっぱりとした食感、口当たりの良いコメの味が特徴で、冷めても型崩れしにくく、おにぎりなどに最適なお米です。



10月23日入荷
◆長野佐久平真下農園 コシヒカリ
http://www15.plala.or.jp/club-natura/

佐久平から山側へ20分ほど車で走らせたところで畑田圃など
標高が高いので夏でも寒暖の差が激しい。
水は雪解け水を使った冷たい澄んだ水
粘土層の堅めの土が、野菜の生育を阻むが
そのことにより固めで身のしまった頑固な野菜たちが生まれる。

真下農園コシヒカリもまた、しっかり者の米
甘味もさることながら歯ごたえしっかり粒の立ちも良い。
注文してから精米して配送していただけるので無農薬にこだわっている方はぜひ

10月16日入荷


山形昭和天皇穀物献上農家 青木功樹さんの米
◆ミルキークィーン
◆コシヒカリ
◆つや姫
三種類到着しました。


◆山形県 ミルキークィーン
◆山形県 コシヒカリ
まほろばの里 山形 置賜平野 南陽市で代々 米作りをしている 青木氏のこしひかり 入荷いたしました。さすが献上農家、とてもしっかりと丁寧に米作りをしています。稲作のコンクールにおいても数多くタイトルを受賞している実力のある稲作農家です。〔全国米食味鑑定コンクール 金賞受賞〕ねっとりとしていて しかも上品な味わいのお米をどうぞお召し上がりくださいませ。

ミルキィクイーン・・・粘りが強く、甘みもあり、一度食べたくせになりそうなお米です。お米ともち米の中間に位置するようなタイプのお米です。冷めても固くなりにくく、モチモチとしています。

『ミルキークイーン』は農水省のスーパーライス計画のなかで生まれた低アミロース米で 通常のお米は表面が半透明色になるのに対して、 『ミルキークイーン』は牛乳のような色になるのでその名が付けられました。



◆山形県 つや姫
「つや姫」。
日本一を誇るブナの原生林が育む滋養に満ちた水系、四季鮮やかな山形の風土がわが国の美味しいお米のルーツとなる「亀ノ尾」を生みました。
その正統の系譜から、ついに新ブランド米が誕生しました。
際立つ「粒の大きさ」、「白い輝き」「旨さ」、「香り」、「粘り」は、ごはんそのものがご馳走です。味わうほどに至福の喜びに満たされます。山形の農の匠が丹誠込めて育てる、安全で、おいしさを極めた特別なお米。日本中の、何よりも「白いごはん」が大好きな人




 

9月初めに入荷
新米面接用は2種類

◆佐賀県 七夕コシヒカリ

やっぱり新米美味い

モチモチ食感と旨味しっかり

http://www.kameta.biz/toletatetanabata.htm

佐賀県で一番最初に収穫されるお米で、旧暦の七夕(8月7日前後)に収穫されることから、「七夕こしひかり」と命名されました。お盆前の暑い日に刈り取りをしますので、収穫後2時間以内に風による乾燥を行い、品質重視の米づくりを心がけています。お米は柔らかくて粘りも強く、甘みがあり、ピカピカの炊き上がりです。

◆千葉県 ふさおとめ

粒が大きく艶やかなのに

くどくなく優しさたっぷりのお米

やばい食べ過ぎてしまうタイプ

http://www.pref.chiba.lg.jp/seisan/bei2.html

うちの店では◆ふさこがねを使う事が多いが今回はいち早い新米という事で

千葉県が独自育成した早生品種です。平成10年に登場してから約15年が経ち、千葉県の作付けの約1割を占めています。

通年安定供給が出来るお米の中では関東エリアで最も早く収穫される品種であり、県内量販店では定番商品としての扱いも多く見られます。




9月末

◆富山県 テンタカク

自然がいっぱいの富山県。五箇山からのきれいな雪解け水がたっぷり流れる、砺波平野。
豊富な水量の田んぼで、スクスクと育った美味しいお米です。

サカタニ農産では、昭和46年より堆肥散布による「土づくり」を始め、昭和51年ごろからは、本格的な「土づくり」を基本とした稲作に取り組みました。

 さらに、「いかに農薬や化学肥料の使用を少なくするか」、また年毎の気象の変化にも左右されない品質の安定した米作りを目指し、昭和62年に安全でおいしい減農薬・特別栽培米 『ワールドエース』が誕生しました。

http://www.kameta.biz/toletatejohotentakaku2.html

◆京都県 コシヒカリ 特A取得米

京丹後市・・・

丹後は、有史以前の古い歴史の残る地域で、元伊勢神宮籠神社(食べ物の神様である伊勢神宮の豊受大神がもともとは丹後のご出身)、浦島太郎伝説、稲作とお酒づくりと養蚕を伝えたと言われる羽衣天女伝説、中国の秦の時代に不老不死の薬草を求めてやってきたという徐福伝説など、古代からとても豊かな自然環境・食の環境があったことがうかがわれます。

もちろん、現代でも丹後産コシヒカリが西日本で唯一、『特Aランク』のコシヒカリに認定されるなど、素晴らしいお米や京野菜の産地として有名です。

京都丹後地区はあの有名な天の橋立や漁船が家の一階にガレージとしておさまる漁師町 伊根町のある地域で関西屈指の米処でもあり、古くは「大和朝廷に米を献上した」という文献が残っているという地区です。

http://www.kameta.biz/toletatejohotangomai.htm


◆茨城県のおかすのいら無い河内米コシヒカリ

茨城県と千葉県の県境利根川の下流 茨城県稲敷郡河内町でこしらえたお米です。このあたりは昔から利根川の氾濫で肥沃な土地となりおいしいお米作りに適した土壌となりました。ねっとりとして甘味の強いお米です。4、5年前にも一度入荷したことはあるのですが久しぶりの入荷です。町と生産者が一体となり良質なお米作りを実践しております。この河内米ブランド米推進部会長の小更〔こぶけ〕氏のお米は2000年に皇室献上米に選ばれたほどの一押しのお米です。

http://www.kameta.biz/toletatejohokawachi.htm

<< その他の酒類メニューmain日本酒メニュー >>

COPYRIGHT (C) おこん All Rights Reserved.